読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秘密特訓

今、娘のテニススクールに来ています。約90分の待ち時間があって、こうしてブログを書いてます。

10月2日のブログに書きましたが、娘は中学の部活で軟式テニスをやってまして、秋季大会予選会で勝てると思っていた相手に負けてしまい準優勝という結果になって、悔しい思いをしたようです。その翌日の朝練習で、ペアを組んでいる子が靭帯を損傷したようで、一か月は運動はしないようにとのことでした。

娘たちのペアは予選会で準優勝しているので、今のところ京都市でベスト8の位置にいて、このままいけば京都府の大会に進むチャンスがあったのですが、ペアの子は無理して大会に参加出来たとしても練習が思うように出来ていないし、エントリーしてあるので、今更ペア変更も出来ず、次の本戦で勝ち抜くには自分がペアの分までカバー出来るように頑張るしかないという気持ちになったようです。

という事で、ペアの子が怪我した当日の夕方にスクールを探して電話して、翌日体験会に参加して、トントン拍子に入会することになりました。しかも顧問の先生にも友達にも内緒で。怪我した相手を責めることなく、自分が頑張らないといけないと言われたら、ダメだとは言えないですよねぇ。

硬式テニスのスクールは比較的近くにあるのですが、軟式はあまりなくて、市内にひとつあるスクールは定員15人に対し空き待ちが15人。待ってたら部活引退してしまいそうなので、地下鉄とJRに乗って1時間ほどかかる遠くのスクールに通うことになりました。

正直学校終わってギリギリまで部活して、急いでご飯食べて、電車に乗って通うのも大変なんですが、レッスンは5人ほどの少人数なので、自分の苦手なバックやサーブを重点的に教えてもらい、少しずつ上達しているようで、私も満足しています。部活ではラリーが続かなくてボール拾いばかりになってしまいますが、前からスクールに通っている上手な子と対戦すると不思議とラリーが長く続けることができてます。やっぱり自分よりレベルの高い子に相手をしてもらうと伸びるのが早いなぁと思いました。

今日は3ヶ月分のレッスン料を現金で支払わないといけないので私も一緒に来ましたが、次からは1人で行くと言ってます。やっぱり心配もあるけれど、自分で決めたことなので頑張ってくれたらいいなぁと思います。それで負けたとしても悔いは残らないでしょうし、お金で買えない貴重な体験や、これから身につけていかないといけない悔しい気持ち、嬉しい気持ち、ペアの子を思いやる気持ちをたくさん学んでくれたら私も嬉しいですね。今回は娘がカバーする側になりましたが、次はまた娘がカバーしてもらわないといけないこともあるでしょうから。

しかし、レッスン料は高い!しかも交通費だけでもかなりかかります。正直痛すぎる出費ですが…(涙)私も頑張って働いて、娘をカバーしないといけないですね。

f:id:shirokun0806:20161018192225j:image

ワンコさん、朝晩涼しくなってきたせいか畳の上に息子の服を引っ張り出して、気持ちよさそうに寝ています。洗濯したばかりなんだけどなぁ。