読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心を配る

今日のNHK朝ドラでの主人公すみれちゃんのセリフに「人って思ってくれる人、願ってくれる人の愛情があって幸せになれるのかもしれない」というのがありました。その言葉がとても印象的でした。

ちょうど今日は大学時代の友達の誕生日でしたのでラインでメッセージを送ったところ、今から大学生の娘さんの留学先のドイツに行ってくるわって言ってました。お正月に彼女と会った時に娘さんがどうしても行きたいというので2年間の留学を許したものの、英語ではなく慣れないドイツ語で授業を受けるのは大変で、理解するのが難しいと悩んでるらしいと心配していました。ホームシックにかかっても帰国するのは簡単ではないので、自分から様子を見がてら思いきってドイツまで会いに行くことを決めたらしいです。自ら大変な環境に飛び込んでいった娘さんの勇気もすごいけど、娘さんのために一生懸命パートして、色々我慢して節約して留学費用や大学の授業料を工面している友達もすごいなぁと思います。本当に頑張って欲しいものです。

また、我が家は3月6日から息子が研修旅行でマレーシアに行きます。マレーシアは比較的治安のいい国ですが、昨今の事件でなんとなく不安はありますよね。まぁ、すぐに帰ってくるし、日本以外の国は安全が当たり前ではないというのも勉強だからとは思うけれど、やっぱり怖い目に遭わないかとか、食べ物があわずお腹をこわさないかとか色々心配になって、心配と比例してスーツケースの中身が増えてしまいました😅   子供はいくつになっても心配はつきないものですね。この研修をひとつのステップにして、広い視野で物事を考えるきっかけになればいいし、楽しかったと笑顔で帰ってきてくれたら嬉しいな。

私もそんな風に心配してもらって大きくなったんだなぁと改めて思います。そういえば大学時代に2ヶ月だけカナダに行ってきたのですか、父は空港へ向かうリムジンバス乗り場まで送ってくれて、最後に父の持っていた財布にあった現金を帰りのバス代だけを残して全て私に渡してくれたこととか(もちろん日本円なので帰国後に使わせてもらいました😆)、たどたどしい英語でホームステイ先に電話をかけてきてくれたりしたことを思い出しました。

ドラマですみれちゃんが言ってたように、私も両親からたくさん心を配ってもらって今の幸せがあるんだなぁと思いました。そうして心配してくれる人がいてくれるのはもちろん幸せなことだけど、心配する相手がいるというのもありがたいことですね。

f:id:shirokun0806:20170304132907j:image

うちの次男坊?シロくんはまた最近お腹の調子が悪いみたい。一昨日、昨日と夜中に何度か吐いてしまったり、夜中にトイレに行きたがるので散歩に出たりで、私もちょっと寝不足気味だけど、やっぱり心配。シロくんはペットというより自分の子供と一緒に成長しているような気持ちでいましたが、知らないうちにシロくんは老化していたんだなぁ。もっと心を配ってあげたいなと思いました。今は私のすぐ横でぐっすり寝ています。