最近のつきちゃん

今日からぐっと寒くなりましたね。皆さま体調崩されていませんか?

今日9日でつきは9カ月になりました。そろそろ体格も決まる頃みたいですが、今で6キロくらい。小柄なスピッツですね。

最近は抜け毛がひどくて大変で、時間ができると常に家中コロコロしています。一度つきにコロコロしたらいいかも!ってやってみたら、それ以来コロコロが怖いらしく、私が冗談でコロコロしながら追いかけると隅っこの方で縮こまっているのがまた可愛らしいです(笑)。

また前にブログで書きましたが、お留守番が出来なかったつきちゃん、今では上手にできるようになりました!私が出かける前に散歩に行っておくと帰るまでは家の中で粗相をしなくなったので、ケージフリーで寝て待っています。イタズラしないように手の届くところに危ないものがないかのチェックは必須ですけれど…

f:id:shirokun0806:20181209212904j:image

この前は私のスリッパがこんな無残な姿になっていましたが…!

以前は洗濯物を干しに行くときやお風呂に入っている時など私の姿が見えないとキャン泣きしていましたが、今では知らん顔です。というか、いない間にイタズラしてやろう…って感じですかね。でも、なぜかいまだにトイレには慌てて付いてきます。やめて欲しいです…(笑)

ウチに迎えて2か月半、ようやく自分の家での居場所を見つけたようで、一人で自分の寝床に寝に行って朝方私の寝てる部屋にやってきて、顔を舐めて起こし、トイレトレーの置いてあるケージに入れるとすぐにちゃんと用をたして、ケージから出すと遊び出す…というリズムが出来てきて、私も随分楽になりました。お互いが生活のリズムを把握できつつあるようです。

また、最近人間の食べ物にも興味が出てきたようで、体に良いものは少しずつあげています。

f:id:shirokun0806:20181209214207j:image

先日は立派なラフランスをいただいたので、食べ頃を見計らって一緒に食べました。もっと欲しがりましたがまだ幼犬なので少しだけ…

f:id:shirokun0806:20181209214726j:image

あと、ブロッコリーも大好きなようです。至福のお顔です(笑)。

f:id:shirokun0806:20181209214828j:image

いちご大福に興味津々。でもこれはあげられません。

 

こんな感じで、うちに来たばかりの時は家を空けることもできず、毎日出かけて帰ってきたらう◯ちを踏み散らかして大変なことになって、いつまで続くのかと気が遠くなりそうでしたが、いつのまにかそれなりにちゃんと出来るようになっていました。ヤンチャな時もあるけれど、少しずつ落ち着いた女の子になりつつあります。

我が子の子育てもそうですが、その時期によって悩みや困り事があって、でもそれはずっとは続かないのですね。また違った悩みがその歳に応じて現れてまた時間とともに解決して…の繰り返し。でもその変化が育てていく上での醍醐味なんですよね。その渦中にいる時は必死すぎて気づかないものですが…  それなりに何とかなるものです。

 

半年。

早いもので今日から12月。今年もあと1ヶ月となりました。このひと月で年賀状書いたりクリスマスがやってきたり色々慌ただしいですね。

毎月1日はシロくんの月命日です。今日で半年になります。お花はいつも欠かさずお供えしてますが、今日はクリスマス仕様に…

f:id:shirokun0806:20181130194329j:image

f:id:shirokun0806:20181130195745j:image

2枚目の写真は去年12月のものです。たくさんのりんごを見て、わお!って言ってます(笑)

この頃はまだ病気に気付かず、半年後にはもういないなんて想像もしていませんでした。シロくんは何をしても怒らないし、とても我慢強い子でしたので、病気で痛かったり辛くても我慢してくれていたのだなぁと思うと今でも涙が出ます。シロくんがいなくなって4ヶ月後にはつきと出会えて家族として迎えましたが、つきがいなかったら今もずっと悲しくて寂しくて毎日泣いていたかもしれません。まだまだ新しい家族を迎えるつもりはなかったのですが、あまりに悲しむのでシロくんがつきを送り込んできたのかも…って話してます。私の誕生日に保護犬カフェに登場したつきの写真を見つけ、その2日後の息子の誕生日に初めて大阪堺まで会いに行ってそのまま連れて帰ってしまったのも何かのご縁があったのでしょう。今もシロくんのことは毎日思い出さない日はないけれど、ちょっとヤンチャで甘えん坊なつきのお世話をすることでどれほど救われていることか… 家族にも笑顔が戻りそれなりに暮らせています。この一年なかなか濃い年でしたが、次の1年も幸せに暮らせていますように…

 

 

 

大人の遠足

先週土曜日は息子の高校のPTA行事がありました。今年は私が委員長ということで今回は滋賀県大津市まで足を伸ばして、大津プリンスホテル36階での和食会席とミシガンクルーズを企画しました。ありがたい事に30名の定員が3日で40名の申し込みがあり、みんなでワイワイと遠足気分で楽しんできましたよ。京都駅から大津駅まで電車でたった10分。意外と近くて驚きでした。当日は雨予報でしたが、お天気にも恵まれて、上着が要らないくらい暖かい日となりホッとしました。せっかくのクルーズですので雨が降ったり、寒い日だったら参加者の皆さんに申し訳ないですからね。

子供が大きくなるとなかなかこんな機会はなくなってしまいますが、PTAをしていると沢山の方とお話しできたり、楽しいことも多いです。参加してくださった方々皆さん喜んでくださり、楽しかったと言っていただいて、頑張って企画した甲斐があったと嬉しくなりました。

 

また今日は愛知から大親友なぎちゃん夫婦が遊びに来てくれました。私は午前中の仕事がお休みできず、日帰りでしたのであまりゆっくりはできなかったのですが、会えただけでも本当に嬉しかったです。

f:id:shirokun0806:20181123210020j:image

つきちゃん、パパさんに可愛がってもらってすっかり大好きになったようです。いっぱいナメナメしてました(笑)

なぎちゃんはたまにブログでも登場してもらってますが、上の子が幼稚園年少さん、下の子がまだ7カ月の時に愛知に転勤になって、不安しかなかった時にできた初めての友達です。娘もなぎちゃんの2人の娘さんのお下がりの洋服をいただいて育ったので、本当に姉妹のようにいつも一緒に遊んでいました。親元から離れての子育ては本当に大変でしたが、彼女にいつも助けてもらい、いつも笑わせてもらい、どんなに救われたことか、感謝しかないです。

京都に来て10年、離れて暮らしていても変わらずいつも相談に乗ってもらい、笑わせてくれる大切な存在です。今はだいぶ大丈夫になりましたが、久しぶりに会ってお別れの時はいつも泣いていました。今もやっぱり淋しいです。

子供達の受験が落ちついたら今度は私が会いに行こうと思います。これからもこんなお付き合いを続けていけるよう、このご縁をずっとずっとおばぁちゃんになっても大切にしなきゃね。きっとこんな素敵な友人と出会えたことは奇跡だと思うから…

子供たちは成長してもう少しで手が離れるので、そこからが私達の自由時間。もうちょっと頑張ろうっと。彼女がいてくれるから頑張れるのだと思います。お楽しみはこれからです!

 

 

 

 

久しぶりの雨です

今日は朝から雨降りです。止んだ隙にとつきの散歩に出かけたのですが、また降り出して…そしたらいつもお世話なっているご近所の方と会ってお家の犬走り(といってもすごく広くて長い!しかも屋根付き!)で思い切り走らせていただきました。つきちゃん、こんなに思い切り走ったのは生まれて初めてなんじゃないかな。すごく嬉しそうにはしゃいでました。つきはあまり散歩が好きではないようで少し歩くと家の方に引き返すタイプの子ですが、やっぱり子犬ですね、たくさん楽しそうに走り回って遊んでその後は爆睡してました(笑)本当にありがたかったです。

帰って仕事に出る準備していると、今日は雨降りなので仕事は休んでいいよと連絡があったので、雨のおかげで久しぶり終日のお休みになりました。今はつきとお家でまったり過ごしています。

 

つきはお留守番が嫌みたいでまだ慣れてくれませんが、先日初めてペットショップで預かりを利用してみました。1時間300円。初めは1時間だけ預かってもらったのですが全く問題無かったとのことで、また2日後に2時間に増やしてみましたが案外大丈夫そうで、今週末は6時間にトライします。年末は私が夜中まで仕事に出るのでお泊りできるよう練習です。慣らし保育ですね(笑)

つきはうちに来るまでペットショップに長いこといて、後からやってきた子たちが先に売れてしまってきっと淋しい思いをしてきたのかなぁ、誰かがいないとダメなようで、無人の慣れた我が家より、誰かがいる知らない場所の方が落ちつくみたいです。

普段は私の後をいつもどこでもついてくるので本当に愛おしくて可愛いけれど、お留守番に不安を感じるようではつきがかえって可哀想な気がするので、少しずつ自立してもらえるようにしようと思います。人間の子どもと同じで、赤ちゃんの時にちゃんと甘えさせてもらった子はちゃんと時期がくれば自立できるのかもしれないですね。つきは大事な時期をどんな風に過ごしてきたのかはわかりませんが、時間がかかっても少しずつ頑張ってもらおうと思います。

預かりを利用してみて…  すごく助かりました!家にケージに入れてひとり置いて出かけると不安になるのかケージの中でウロウロして、便意を感じ、トイレトレーの上で排泄してもそれをまた暴れて踏み散らかしてしまうので寝床まで汚れてしまい、寝れなくてまた騒ぐ…というのが3日に1回くらいあります。汚れたものは洗ったら済むことですが、ずっと不安でウロウロしていると思うと可哀想で…

かと言ってケージフリーにすると想定外の悪さをして怪我や誤飲をしてるかわからないのでそれもまた怖くて。ですので預かってもらってる間は安心して買い物や美容院に行くことができました。最近は買い物も必要な物だけダッシュで買って帰るという感じでしたが、久しぶりに娘と一緒に洋服見たり私もリフレッシュできました。すっかり物欲が無くなって見るだけで終わってしまいましたが…とても有意義な時間でした。

トイレもイタズラも分離不安ももう少し成長したら大丈夫なこともわかっているので、それまでこのわちゃわちゃな生活を楽しもうと思います。家に置いて出かける時の心配や焦りの気持ち、後追いされて用事が進まないイライラ感と同時に私を必要としてくれる大切な存在…何年も前に我が子が辿ってきたことをつきが再現してくれてなんだか懐かしく、愛おしい時間です。

f:id:shirokun0806:20181109135506j:image

f:id:shirokun0806:20181109135530j:image

先日は旦那さんも一緒につきをカートに乗せて下鴨神社に行ってきました。帰り道賀茂川の土手を歩きました。この道はシロくんの病院に通った懐かしい道です。二人でカートを押してるとご近所さんから赤ちゃん産まれたの?ってあちこちから冗談で言われました。どちらかといえば孫に近いかな(笑)。

 

 

 

 

 

新しく…

実家の和菓子屋での人気ナンバーワン商品はいちご大福なのですが、真夏のいちごがない時期でも「いちご大福はまだですか?」とか「いつから始まりますか?」とおっしゃるお客様が案外多いのですが、うちのいちご大福は11月後半の美味しいいちごが入手できるようになってからの販売になりますので、今年から今の時期だけシャインマスカット大福を始めました!

f:id:shirokun0806:20181030150317j:image

f:id:shirokun0806:20181030150330j:image

たくさんは作っていませんが、有り難いことに毎日売り切れてます。最近のぶどうは種もなく皮まで食べられるし、美味しくなりましたね。ぶどう農家さんの努力の賜物ですね。

 

また、私がスタッフをしています小学校のまなび教室も先週から新たに14名の1年生が加わり、総勢55名の子供たちが登録してくれていて、小学校の約半数、主に低学年の子供たちが来てくれています。3名のスタッフで見ているのですが、あちこちから先生来て〜と声がかかるのでこの時期大変ですが、みんなめちゃくちゃ素直で可愛いです。

毎年1年生の子たちの中には甘えん坊の子がいて、私の膝の上に座ってくる子や、あちこち触ってくる子、おんぶをせがむ子がいるのですが、2年生になるとみんなしっかりし始め、だんだんと甘えてこなくなり、友達同士喧嘩が多くなってややこしい時期になります。私たちは魔の2年生と呼んでいます(笑)。3年生になると生意気な口をきくようになり、宿題が出来ているか覗きに行くと先生はあっち行ってて〜なんて言うようになります。そして高学年になると大体対等に話ができるようになって、言わなくてもやるべきことを自分で出来るようになって成長を感じるようになります。

うちのつきもうちに来て1か月も過ぎ、様子も変わってきました。まだまだトイレは完璧ではないし、お留守番も苦手なのは治っていませんが、人間の歳に換算すると小学生くらいですかね。まなび教室の子どもたちを見ていても、学年が上がるにつれ歳相応に落ち着いて、理解できるようになっていくので、今出来ないこともいずれ教え続ければ出来るようになっていくのかなと思います。

我が子がこのくらいの時は毎日が必死でしたが、ようやく余裕をもって子どもたちのことを見てあげられるようになったなぁと思います。子どもも大人もそれなりに変わっていくものですね。

 

 

またいつか

いつもシロくんと仲良くしてくれていた13歳トイプードルの男の子が2週間ほど前に亡くなったと今日飼い主さんから聞いてびっくりしました。

もともと心臓が弱かったけれどすごく元気で、雄犬が苦手なシロもこの子とはフレンドリーに一緒に散歩できる温和な子でした。最期はあまりに突然で心の準備も出来なかったそうですが、苦しむことなく逝ってくれたのが救いだとおっしゃってました。飼い主さんの気持ちを考えると辛くなってしまいますが、早く日常を取り戻されるよう願っています。

ところで皆さんは「虹の橋」のお話をご存知でしょうか?作者不詳の詩なのですが、ペットがこの世を去った時、天国につづく虹の橋のたもとに行くと動物たちは若く元気な姿に戻り、何不自由なく光に溢れた草原を走り回って幸せに暮らしています。そして最愛の飼い主が亡くなった時一緒に虹の橋を渡って天国に行くというお話です。

あくまで誰かが作ったお話で本当のところは誰もわからないけれど、ペットを失って深い哀しみを抱えてる人達にとって、ペットが苦痛から解放されて元気に暮らせるようになったこと、自分が死んだ時にまた会えるというのは救いになるのではないかと思います。

こんな悲しい気持ちはもう二度としたくないからと次に新しい家族を迎えることを躊躇される方もたくさんいらっしゃいますし、私もそう思っていましたが今はペットロスを経験して良かったと思います。記憶を無くすほどの喪失感、胸が破けそうに哀しい思いをしたけれど、それを経験したからこそわかることもあり、同じ経験をした方に共感できるようになりましたから。きっと犬を飼ってなかったらペットロスで苦しんでる人の気持ちを理解してあげられなかっただろうし、シロのことを想ってこんなに温かい気持ちを知ることはなかったですね。

そしてシロくんと同じスピッツのつきと保護犬カフェで出会い、この子が可愛くて仕方ないと思えるのは全てシロくんのおかげです。

シロそっくりなつきの寝顔を見ながら、本当に幸せだなぁって思います。

f:id:shirokun0806:20181023223222j:image

上がつきで下がシロです。

f:id:shirokun0806:20181023224058j:image

改めて比べるとちょっと違いますね(笑)

シロくん、またいつか会おうね。私がおばあちゃんになっても見つけてくれるのかちょっと心配だけど…

片想い?

つきは常に私の近くにいます。私が動くとつきも動きます。最近は洗濯物を干すのも一緒に2階のベランダまで連れて行って一緒に干したり、とにかく家にいるときは私にべったりで、ストーカーと呼ばれています(笑)

f:id:shirokun0806:20181017092435j:image

ご飯の支度をしている時もずっと足元にいます。きっと何かをもらえると思ってるみたいですが、人間の食べ物はまだあげていません。

f:id:shirokun0806:20181017092606j:image

お座りして待っていても何ももらえずチーンな顔のつきちゃん(笑)

とにかく毎日が忙しなく過ぎて、1日があっという間です。

 

話は変わりますが、先日懐かしい友人が夢に出て来ました。しばらく会っていないので会いたいなぁって思っていたら夢で会うことが出来ました。

昔何かで読んだのですが、会いたい人の夢を見る時は相手も会いたいと思っているからだそうです。本当かはわかりませんが…  だから会えなくても夢に出てきてくれるだけでも嬉しいことだなと思います。

 

つきをうちに迎えてややこしい毎日で、つきはとても可愛くて仕方ないけれど、今だにシロくんのことを思い出さない日はなくて、夢でもいいから会いたいとずっーと願っているのにまだ一度も出て来てくれていません。

私の片想いですかね…

f:id:shirokun0806:20181017094828j:image
f:id:shirokun0806:20181017094832j:image

ちょうど一年前のシロくん。

シロくんはお空で楽しく過ごしていますか?