時代の波

いよいよ今月から消費税が10%になりましたね。

食品は8%の据置きですが、日用品、衣料品など増税後もポイントで還元などでかえってお得感があったりします。

んで、今話題のキャッシュレス決済もあちこちで◯◯ペイが出てきて、手続きすればポイントをもらえたりするようですが、車や家電を買うのも現金主義で、ローンは組まない、お金は借りない派の私はかなりの抵抗があります。

先月末に家族で新しいiPhoneに機種変更したのですが、顔認証になっているので落としても他人は開くことが出来ないし、ケータイを使ってのキャッシュレス決済は現金を持ち歩くより絶対安全で、ポイントも貯まってお得だと息子は言います。

今日10月5日はpaypayが1周年と言うことで、上限や色んな条件はあるものの、20%ポイント還元されるので、息子のpaypayを使うため一緒にあちこち必要なものを買ってポイントゲットしていました。ポイントが入るのは来月になるようですが、そのポイントを使ってお買い物できるようになります。

ちょうどプリンターのインクがなくなったのこの機会にと夕方ビッグカメラに行ったのですが、決済しようとしたまさにその時にpaypayが中途半端なまま使えなくなってしまって、ポイントは還元してもらえましたが決済が完全でないため明日再度商品を受け取りに行かないといけなくなりました。恐らくポイント還元を狙って一斉にpaypay決済されてサーバーがダウンしてしまったようです。息子はギリギリセーフなのかギリギリアウトなのかよくわかりませんが、お店の方は初めての事で対応しようがなく、お店側が悪い訳ではないのにクレーム対応に追われて気の毒なことでした。それほど沢山の方々が使われているのでしょう。お得だと思うとつい必要のないものまで今のうちに買っておこうという心理がはたらいてしまいますね。結局は得してるのか損をしているのか…購買意欲をそそるキャンペーンです。

新しいことをするのはそれなりにリスクもあるし、想定外のトラブルもありますね。銀行口座と暗証番号がわかればスマホでその場で簡単にキャッシュレス決済ができるので、かえってその手軽さが信用できるものなのか不安もあります。政府も年配の方にこそ現金を持ち歩かずキャッシュレスを…と推奨していますが、なかなかハードルは高いような気もします。今はまだ始まったばかりで躊躇している方も多いと思いますが、一年後は普通にみんなが使っていたりするのかなぁ?多分私はもうしばらく現金派(WAONカードなどのチャージ式のポイントカードは愛用してます)を貫くことになると思いますが…

 

f:id:shirokun0806:20191005214816j:image

先日友人と流行りの?ハーバリウムを作ってきましたよ。

f:id:shirokun0806:20191005214910j:image

私はハロウィンカラーで、友人はブルーで統一。

すごく楽しい時間でした。お花選びに配置に色々悩みながらお気に入りに仕上がりました。私はやっぱりこんな作業が好きなようです。凝りだすととことんいくつも作ってしまうので気をつけないといけないです。

ちゃんとお財布の紐をしめないと…というのも死語になる日も近いかもしれないですね。

1年経ちました

つきは去年の9月22日に我が家に来てくれました。いわゆる昨日はうちの子記念日でした。

f:id:shirokun0806:20190923121921j:image

先日急に具合が悪くなってからまだ肝臓の数値が高いので、最近はお粥ベースにご飯を手作りしています。

f:id:shirokun0806:20190923231934j:image

シロくんの晩年お世話になった本が再び活躍してます。今は早く肝臓の細胞を再生させるように、良質なタンパク質を多めに摂るのがいいらしいです。

先日再検査に行ってきたのですが、慢性的に肝臓の病気や腫瘍などではなく、急性の中毒的なものかな?という診断でした。何か家の中で食べてはいけないものを食べてしまったのか(玉ねぎはたくさん食べても大丈夫な子もいれば、玉ねぎの味噌汁の汁を舐めただけでショック状態になる子もいて、症状がでるまでに数時間から数日のタイムラグがあるようです)、またその日は賀茂川にいったので、散歩中に除草剤や猫除けの薬を舐めたりしてしまっていたのか…

先日は実家の近くで除草剤を舐めてワンちゃんが2頭亡くなったそうです。きっとペットを飼ってられない方は悪気なく使われていると思いますので、飼い主が気をつけてあげないといけませんね。

f:id:shirokun0806:20190923123403j:image

正直もうこの子死んじゃうじゃないかと思いましたが、笑顔でこの日を迎えられて安心しました。

こんなことがあって、家族みんながつきに対して愛おしい気持ちが増えたように思います。

 

f:id:shirokun0806:20190923230925j:image

これは一年前、保護犬カフェからの帰りの車の中でのものですが、初めてこの子に会った時シロくんとかぶったのか、嬉しくて泣けてきました。

体重は3.8キロで、脚は自分で噛んだりしていたのか毛がなく、ガリガリで標準体重よりかなり小さめでした。長い間ペットショップに陳列されていた子ですので、きっとあまり大きくなると売れなくなるので、お腹いっぱいご飯を食べさせてもらってなかったようです。今では7.5キロになり、すこしぽっちゃりさんになって、これ以上太らないようにしないといけません。

我が家に迎えて3か月ほどは、あちこちに粗相したり家具を齧ったり、毎日洗濯と掃除に追われて気が遠くなりそうでしたが、いつの間にか落ち着き、お利口さんになってくれました。無駄吠えもなく、ご飯もきちんと食べてくれるし、よく寝てくれるので本当に助かっています。

今ではこの子は我が家の中心で、なくてはならない存在になりました。

これからも健康に気をつけながら一緒に歳を取りたいと思います。

つきちゃん、うちの子になってくれてありがとう。

シロくん、つきに会わせてくれてありがとう。

 

 

 

突然に…

昨日の夕方のことです。

いつもと変わりなく元気にしていたつきちゃんが突然立て続けに3度嘔吐し、その後ぐったりと寝そべってしまいました。嘔吐後口の中が気持ち悪いかなと思い、歯磨きシートで拭こうとしたら歯茎と舌が真っ白になっていて、呼びかけても虚ろな目をしていたので慌てて病院に行ってきました。

病院に着く頃には歯茎の色もピンク色に戻りつつあり、目に力が戻りましたが、動物は回復も早いですが、悪くなるのも早くて驚きました。

病院で血液検査をした結果、肝臓と腎臓の数値が異常に高く、嘔吐した際に一瞬窒息したようになって、一時的に肝臓の数値が悪くなったのか、もともと肝臓が急激に悪くなって嘔吐してしまったのかはわからず、今週末に再度血液検査をすることになっています。

考えられるのは家の中で何か誤飲をしてしまい喉を詰まらせて吐いたのか、散歩の際に何か毒になるものを食べたり舐めたりしてしまったのか…?いづれにせよ私の不注意というか油断からかわいそうなことをしてしまいました。

昨日先生からは急変もあり得るので念のため備えておいてくださいと言われましたが、今朝は食欲もあり、散歩も息子が一緒に行ってくれました。

f:id:shirokun0806:20190917123315j:image

しばらくは手づくり養生食で様子を見ようと思います。今日は芋粥です(笑)

 

それにしても今回私が家にいたこと、祝日で主人と息子がいてくれたこと、病院が年中無休で診てもらえたこと、色々なラッキーが重なってつきが今も元気にしてくれています。もしこれが留守中で気がつかなかったらどうなっていたかと想像すると恐ろしいです。

最近両親も歳をとり、体調が悪いこともあったり良くなったり、心配なことも多いです。でもこんな風に自分以外の大切な家族、ご近所の方、友人やペットのことで悲しんだり喜んだり、あちこちに心を配ることができるのは幸せなことなんだなぁと最近思ったりします。本当の豊かな人生って自分の理想通り好きに生きることもアリかもしれませんが、たくさんの関わりの中で一喜一憂しながら過ごすのが私らしい幸せなのかなと思ったりします。

そういえば私の好きなback numberの「瞬き」という曲もそんな感じなこと言ってたなぁ。

私の今一番好きな曲。良かったら聴いてみてくださいね。

 

夏も終わり

今日から9月、ようやく長い雨も上がり少し涼しく秋の風を感じることができました。

お盆が過ぎ、地蔵盆が過ぎ、娘の誕生日を祝い、小学校での夏祭りが終わり、あっという間にイベントの多い夏休みも終わってしまいました。

昨日は雨上がり後の晴天で比較的涼しいという土いじり日和でしたので、夏の間中放置していた家庭菜園の雑草を抜きました。わずか8坪ほどの菜園ですが、1か月放置すると雑草がすごいことになっていて、今まで見て見ぬふりをしていましたが半分だけきれいに抜きました。まだお昼間だったのに秋の虫が鳴いていて、コウロギやイナゴも飛んでいました。虫の声を聞き、時折吹く秋の風を感じてながらの草むしりは、なかなか良いものでした。

そしてつきちゃん、ほんの少し暑さがマシになったと思ったとたんまたまた換毛期。ついこの前ようやく抜けなくなってきたなぁと思っていたのもつかの間、かなり抜けるようになったのでシャンプーしてもらいました。

f:id:shirokun0806:20190831224616j:image

毛がモフモフで可愛いチョーカーをしてもらったのに見えませんね。なので頭に着けてカチューシャ的に(笑)。

f:id:shirokun0806:20190831224810j:image

どうですか?

シロくんは男の子だったのでいつもトリミングしてもらったらバンダナをしてもらってましたが、女の子はこんな楽しみがありますね。

 

話はかわりますが、つきは四月の避妊手術の術前検査で心臓の弁のひとつがわずかながら逆流しているところがあることがわかりました。仔犬には珍しいことではなく、成長と共に治る場合もあるけれど、当時一歳を過ぎていたつきは自然に治る可能性は低いかも…との事でした。それを知ってしまってからは激しく走らせたり興奮させないように気をつけて生活してきました。日常生活には支障ない程度とは聞いていたのですが、平均寿命までは生きられないのかなとか、後々手術しないといけないのかなぁとか、色々不安で心の中にいつも引っかかりがあったのですが、先日の検査では異常が見られないとのことで安心しました。これもお盆に帰ってきたシロくんがつきの病気を持っていってくれたのかなぁ…なんて思ったりしています。

これで思い切り走らせてあげられるので気候が良くなったらドックランやオフ会デビューしてみたいです。秋はすぐに終わってしまいそうですのでしっかり楽しみたいと思います。

また夏の疲れが出やすいですので、皆さまどうぞご自愛くださいますように…

 

 

今年のお盆

暑い日が続きますが、皆さまお元気でしょうか?

さて、早くもお盆終盤になりましたね。我が家は今年もシロくんのおしょらいさんを家族四人揃って六道珍皇寺までお迎えに行ってきましたよ。

f:id:shirokun0806:20190812232439j:image

つきちゃん、食べ物ではありませんよ(笑)

この高野槙にシロくんやお友達のさあちゃんが乗ってるのがわかるかな?

私たちの帰宅後、つきちゃん唸ったりテンション上がって走り回ったり粗相したり…  いつもと明らかに様子が違ってました。夜にひとりぼっちにされたのが嫌だったのか、線香の匂いがしたからか、それともシロくんの姿が見えたからかな?(笑)

シロくんおかえりなさい!

 

そして翌日はお盆恒例の大学サークルのOB会があり四条河原町に行ってきました。

大学時代の新歓コンパで使っていたお店なのですが、お店の外観からは想像できないほど中は大変なことになってます(笑)

f:id:shirokun0806:20190815162554j:image

周りはお洒落なお店が並んでいます。

そして、昔ながらの急な階段を上がると…

f:id:shirokun0806:20190815162616j:image

f:id:shirokun0806:20190815162656j:image

私たち世代の京都の大学生は一度は行ったことあるんじゃないかな。私は30年振りに訪れました。

この歳になって行くお店ではないのですが、先輩たちが残した落書きを探して、その先輩のエピソードを聞かせてもらったりしてすごく盛り上がりました。やっぱり学生時代の友人はいいですよね。すっかりいいおじさん、おばさんになりましたが、当時のままの感覚でおしゃべりして、次から次へと当時の記憶が蘇ってきます。いっぱい呑んでいっぱい笑った飲み会でした。

その後お店を出て鴨川四条大橋へ。

当時はみんなで鴨川に入って円陣を組み、大学校歌を歌うというのが習わしでしたが、さすがに今は諸々の事情で出来ないですよね(笑)

 

そしてお盆のクライマックス、16日は大文字五山の送り火でした。今年はつきちゃんも一緒に実家の屋上から見ましたよ。去年はシロくんもつきちゃんもいなかったので淋しい気持ちで眺めていたのですが、今年は茨城県で仕事している姪っ子も来てくれて、つきも兄んちの柴犬ななちゃんもきてくれて賑やかに見ることが出来ました。

f:id:shirokun0806:20190816215400j:image

暗くて上手く撮れなかったのですが…

f:id:shirokun0806:20190816215447j:image

右大文字

f:id:shirokun0806:20190816215521j:image

舟形

左大文字と妙法は燃えているのがわかる程度に見えます。

 

今年は台風の影響で昨日の準備も大変でしたでしょうし、今日の本番は酷暑でまたまた大変だったと思いますが、有り難いことにどんな悪天候でもきちんと時間通りに点火してくださり、おしょらいさんを無事お見送りすることが出来ました。送り火が消える時間になるとなんとなく涼しい風が通り過ぎて、ご先祖さまが帰られるのだなぁって思います。

シロくんが帰ってしまうのは淋しいですが、また来年安心して帰ってきてもらえるよう頑張らないといけないですね。

f:id:shirokun0806:20190816220044j:image

シロくん、いってらっしゃい。

また来年帰っておいでね。待ってるからね。

 

 

あいちトリエンナーレ2019行ってきました

8月3日にあいちトリエンナーレに行ってきました。いつもお世話になっている方の息子さんが今回の芸術祭のキュレーターをされているのですが、イベントカレンダーに3日だったらハイライトツアーといって、キュレーターさんから解説を聞きながら2時間館内をまわれるというものがありましたので、急遽愛知に住む親友と相談して、名古屋駅で待ち合わせしてメイン会場の愛知芸術文化センターに行ってきました。

f:id:shirokun0806:20190805000755j:image

 

f:id:shirokun0806:20190804211921j:image

ハイライトツアーの集合場所のTシャツの巨大なオブジェ。写真ではわからないですが、とにかく大っきい!音楽バンドTシャツを様々な方々と物々交換して集めたものを一枚に縫い上げたものなのですが、圧巻です!

芸術、とりわけ現代アートには疎い私ですが、解説していただいたおかげでその作品の作者の意図や時代背景、作品制作の気が遠くなるほどの過程を知ることが出来ました。今までいかにボーと作品を眺めるだけで作り手に失礼なことをしていたことか…また2時間もの長い解説をカンペなしでお話しできるなんてすごくないですか?キュレーターさんの知識の深さと作品愛に尊敬します。

今回「表現の不自由展」が急遽中止になりましたね。政治が絡むと色々難しくなるし、様々な考え方があって然りなのでしょうが、政治に関心のない若者にも芸術作品として考えるきっかけに見てもらいたかったなぁと思います。

トリエンナーレ全ての作品は作家さんも関係者方々も魂削って作り上げられたもので、メッセージを発しているものだと思いました。中止という苦渋の選択をせざるを得ない状況にどれほど心を痛められたかと思うと残念でなりませんが、他のどの展示作品も素晴らしく是非皆さまにも見ていただきたいです。

f:id:shirokun0806:20190804222637j:image

今回は日帰りでのお出かけでしたが、大好きな親友と会えて、前から楽しみにしていたトリエンナーレも解説を聴きながらゆっくりまわれたし、お世話になっている方の息子さんご家族にもお会いできて本当に嬉しい一日でした!

 

家に帰ったらつきちゃん、妙に甘え坊さんでしたよ。淋しかったのかな?

f:id:shirokun0806:20190804224518j:image

お留守番ありがとうね。

またよろしくね😊

 

 

 

 

油断してました!

先日つきちゃんと朝の散歩に行った時のことです。

先代犬シロくんと相性が悪かったわんちゃん、散歩で出くわすと敵意MAXで吠えたてられるので、いつも抱っこして別の道を選んでたりしてたのですが、白い犬全般苦手なのか、特別敵対意識をもってないつきにも会えば勢いよく走ってきて吠えたり唸ったりされるので、つきもその子に会った時は抱っこしたり道を変えたりして避けていたのですが、先日出会いがしらにバッタリ会ってしまったので、私がつきを抱えようとしたところでお腹をガブリ…

あまりに突然のことで何が起こったのか理解出来ず、抱え上げようとしたらつきがすごく高い声でキャンキャンと叫び、お腹のあたりを触ると痛がって暴れるので、抱っこしたまま急いで家に帰り、落ち着いたところでお腹を見てみたらくっきりと歯の形に内出血していて、犬歯のあったところなのか、数カ所穴が空いて血が少し出ていました。

私もこんなことは初めてで、どの程度から病院に行くべきなのかわからなかったのですが、仕事に出ている間に何かあったら怖いので、9時になるのを待って病院に行ってきました。

幸い傷はたいしたことなく、噛まれてから病院に行くまでの2時間で痛みもマシになったようで、塗り薬だけもらって帰ってきました。3日経った今日は少し跡が残っているくらいですっかり元気になってホッとしています。

 

今回、いつも敵意丸出しでむかってくる子とわかっていたのですが、吠えたり唸ったりされることはあってもまさか噛まれるとは思ってもみなかったので、完全に油断してました。私が中途半端に抱きかかえたので柔らかいお腹部分をかまれてしまって、もっと防ぎようがあったのではないかとつきの寝顔を見ながら反省しました。

f:id:shirokun0806:20190726231334j:image

つきはもともと散歩があまり好きではなかったのですが、ハーネスを持ち出すと机の下に入って出てこなくなりました。外に出たら出たらで楽しそうに歩いてる気はするのですが、やはりショックだったようです。私も散歩に行くのが少し億劫になりました。

でも一番ショックだったのは噛んだ側の飼い主さんかもしれません。私も以前シロくんが初対面のトイプードルの子の尻尾を噛んだことがありました。敵意も全くない感じで、怪我もなく痛がることもなかったので飼い主さんも大丈夫ですよ〜って言ってくださったのですが、初めてのことでショックが大きくてしばらく散歩に行くのが怖くなりました。また悪気なくても噛んだりしたらどうしよう…って。

噛んでも噛まれても、飼い主もワンコも心が痛みますね。犬同士、相性の良し悪しがありますから、大人しいからこの子は大丈夫だと決めつけず、飼い主が気をつけてあげないといけないなぁって、改めて思いました。