祖父の命日

今日12月9日は父方の祖父松之助さんの命日です。ちなみに松之助のお父さんは松治郎さんで、松治郎さんのお父さんは松之助さんです(笑)なんか昔の名前はややこしいですね。

祖父は父がまだ9歳の時に亡くなっているので、私は親戚の家のお仏壇に飾ってある似顔絵しか見たことがなく、父もあまり記憶に残っていないそうです。父が私の祖母から聞いていた話なので定かではないですが、祖父は古美術商をやっていて、父が生まれた頃はまだ裕福で、京都の仏光寺辺りのすごく大きなお屋敷に住んでいたらしく、父のお兄さんも当時では珍しく大学にも通っていたそうです。でも、戦争の影響で父が5歳くらいの時に家もお金も没収され、もともと心臓が弱かった祖父はその数年後に46歳で亡くなってしまいました。今で言う「救心」さえ買うことが出来たら死なずに済んだのに…とよく祖母が言っていたらしく、何故か今も父は「救心」をお守り代わり持っていて、私が結婚して家を出る時も「救心」を持たせてくれました。

祖父が亡くなったのが昭和19年12月で終戦前の混乱期でしたが僅かながら保険金がおりたと安心したのもつかの間、一定以上の資産を持つことを政府が禁じた為、その保険金も紙切れになってしまったと祖母が途方にくれて泣いていた姿は今でも父の記憶に残っているそうです。

当時はもっと若くで戦死された方もたくさんいらっしゃいますが、それにしても46歳ってまだまだ若いですよね。私はその歳を追い抜いてしまいましたが、改めて今ある幸せはご先祖さまのお陰だなと思うようになりました。人生の折り返し地点を過ぎてそろそろ恩を返していく立場にならないといけないのに、まだまだ両親の脛をかじったり、周りの皆さんのお世話になりながらぬくぬくと生きております。本当にありがたいことです。

命日はきっとご先祖様を思う日なんでしょうね。会ったこともない方ですが、父や兄や私ともどんな共通点があるのかなぁとか、どんな声だったのかなぁなんて、あれこれ想像してみたり。

世代交代していくといつかは忘れてしまうものだけど、命日によせてブログに残しておこうと思います。私はこれからも救心を見るたびに顔も知らない祖父のことが頭によぎってしまうと思いますが…

f:id:shirokun0806:20171208212217j:image

シロくんもぬくぬく生きてますね(笑)

 

さすがプロです!

最近寒くなりましたね。朝の散歩はだいたい6時半くらいに行くのですが、西の空にはお月さまが見え、一周ぐるりとして賀茂川の土手の方に行くと東の空からお日様がのぼって、あたりがピンク色や淡いオレンジ色になってとっても綺麗ですよ。早朝は寒くてお散歩も億劫だけど、こんなきれいな景色が見れてなんかご褒美もらってる気分です。

 

前置きはさておき、iPhoneの機種変更してからブログに写真をアップ出来なくなって、まぁいっか!って気になりながらも放置してましたが、今更ながらはてなさんにメールで問い合わせしたら直ぐに回答をもらえて速攻アップ出来るようになりました!ブログの設定ではなく、カメラの設定を「高効率」から「互換性優先」(何のことかさっぱりわかりませんが…😅)に変えただけですが、こんなことなら早く問い合わせすればよかったな(笑)私が無知なばかりに迷惑かけてしまいましたが、はてなさん、神対応です!

って事で今日のシロくん。ぬいぐるみと戯れています。

f:id:shirokun0806:20171208125920j:image

残念ながら以前の高効率設定で撮影した写真はアップできないのですが、恥をしのんで聞いてみて良かったです。

あとシロくん、夜中に黄色い泡状の胃液を吐く日が続いたので病院でお薬を一週間飲んだらだいぶ良くなりました!これで私もシロくんもゆっくり寝れるようになりました。ただ食欲がすごく出てきてちょっと困ってますが、元気なのが一番!年末年始は私も忙しいし、病院もお休みになるので、このまま良くなってくれたらいいなと思います。こんなことならもっと早めにお薬飲ませたらよかったです。

 

ついバタバタとしていてやらないといけないこと、考えないといけないことを後回しにして、もうちょっと待ってみようとしていたけれど、やってしまったら意外と簡単だったりするものですね。早とちりで失敗することもあるけれど、思い立ったら吉日でとりあえず行動してみたほうがいいのかな、なんて(笑)いい歳なんだから機を見計らって待ってみることも、自分でなんとかしてみようっていうのも大事だけど、ちょっと誰かを頼ってみたら案外あっさり解決するものです。困ったらその道のプロに聞け!ですね(笑)

 

 

 

 

今日の出来事

京都では毎年この時期小学校、中学校、高校で人権学習が行われていて、子供たちにも各学校で色々思考を凝らした取り組みがされています。

今日は息子の通う高校が当番校の年で、いつもお世話になっている副校長先生が講話をされるのでお手伝いがてら行ってきました。

息子の高校での人権学習のテーマ構成として、1年生はネットの問題やいじめ問題など、身近な人権問題を扱い、2年生では同和問題や障害者問題など生徒が近い将来経験したり見聞きしたりする可能性のあるものを、3年生では人種差別や難民問題など、国際人として社会にでる若者に考えて欲しい人権問題を扱うことになっているそうです。

そして今回の講話では2年生に向けて車イスバスケットのチームを招いてのお話と実際に体験するというプログラムを組んでくださり、その時の様子をビデオで見せていただきました。2年生の息子もクラスの代表で試合に出させてもらったのですが、テニスをやっていて腕力には自信があるものの車イスを動かすのは大変で、その上ボールをつきながら片手で車イスを操作するのも、足を使わずにゴールするのもすごく難しいことだと言ってました。

チームの皆さんは生まれつき足が不自由だった訳ではなく、バイクや自転車での事故やスポーツ中の怪我だったりである日突然身体が動かせなくなった方が大半だそうです。生徒の感想にもありましたが、確かに身体は不自由かもしれないけれど、その絶望感から立ち直れた強さや仲間を思いやる気持ちなど、私たちに無いものを持ってられるし、私たちが出来ないことも出来るのだなと思いました。

人それぞれ不自由なことを抱えている方もたくさんいらっしゃるし、健常者であっても歳をとって足が痛い方、ベビーカーを押してる方、それぞれその視点でみないと不便さがわからないことがたくさんあると思います。例えば車イスに乗ってられる方では、お店に入る時スロープはあってもドアが1人では開けられなかったり、自転車が通行の邪魔をしていたり、時々気がつかずガムや犬の糞尿を踏んでしまって車輪につくことがあるそうです。確かに犬の散歩をしているとそういったゴミはあちこちに落ちているので、犬を飼っている私たちは気をつけたいですね。

私の周りには今のところ障害を持たれた方はいないのできっと気がついていないことも多いけれど、いつ自分や家族がその立場になるかはわかりません。みんながちょっと気をつけるだけで身体の不自由な方だけでなく全ての人が快適に暮らせるようになるのではないでしょうか。

また、最近バリアフリーが言われてきて、施設も改善されていますが、まだまだ十分ではなくて、やっぱり一番のバリアになっているのが「障害者」に対する社会の認識で、障害を持つ人はかわいそうだという偏見がなくなって本当のバリアフリーになるのだと思います。

なんて、これらは高校2年生の生徒の感想を要約したものなんですよ。

まだ子供だと思っていてもしっかり自分の考えを言葉で表現できるようになるんだなぁって感心してみたり。ちゃんと高校で色んなことを経験させてもらい、考える機会を与えてもらってることに感謝しかないです。

今の若い世代が大人になった頃には、障害がある方が不自由でかわいそうだから手助けするというのではなく、不自由さを感じさせない、全ての人が暮らしやすい世の中を作り出していてくれたらいいなぁと思います。

 

余談になりますが、この講話の後近くの地下鉄の駅前でカイロがついた人権週間の案内を配っていたら、私の旧姓が呼ばれること二回。1人は約30年前、大学一回生の春休み1ヶ月だけ実家近くのスーパーのレジのアルバイトしていたのですが、そこでお世話になったおばさま。私の手を握ってギャー〜って言ったはりました(笑)。もう1人は高校時代の同級生で今や社長で三児のお父さんだそうです。たまに私の実家の和菓子屋に顔を出してくれてるそうですが、いつ行ってもおらんやんか〜って言われました。

今日は不思議なことにもう何十年も会ってない2人に会えました。これだけ時間が経ってもやっぱりお互いわかるものなのですね〜びっくりです。

 

 

最近のシロくん

今日から12月。気忙しいですね〜   ブログも更新しようと思いながらなかなか出来ず…iphoneの機種変更して以来写真をアップ出来なくなりましたが、Instagram(shirochan0920)でほぼ毎日シロの様子はアップしていますのでお時間ありましたらまた見てやってください。

 

シロは朝の空腹時に黄色い泡状の胃液を頻繁に吐くようになったことは以前ブログにも書きましたが、ご飯を手作り食にして消化の良いものにしたり、夜の散歩の後に少しだけ何かを食べさせたりして少しは良くなったものの、最近また吐く回数も増えて、明け方を待たずに夜中に吐くようになったので病院に行ってきました。

血液検査とエコーをしてもらい、人間でいうメタボ的なことはあるものの胃は特別悪くないようでしたが、白血球の数値が20,000超(通常10,000から15,000が範囲内)ということで何かしら炎症があるみたいです。特定は難しいので今は抗生剤と吐き気止めのお薬を飲ませて様子を見ている状態です。今日で3日目なのですが、今朝は吐くことはなくゆっくり寝てたので、私も久しぶりに熟睡できました。吐くこと以外食欲もあるし、お散歩もグイグイ引っ張ってすごく元気なのでさほど心配はしていないのですが、なんか毎日つわりのような感じなのかと思うとかわいそうに思います。犬はとても健気で我慢強いので尚更ですね。

犬に限らずペットは自分では何も出来ないし、お話が出来ないので飼い主がちゃんと見てあげないといけないなぁってつくづく思います。散歩にしてもご飯を作るのも仕事の空き時間にしないといけないし、病院代やトリミング代などは人間以上にかかるし正直痛い出費ですが、与えてる以上に大切なものをもらっています。シロがいてくれたおかげでたくさんの方とご縁をいただけて、何より心の平穏をもらっています。精神的にしんどいなぁと思うことがあっても、モフモフなシロをナデナデしたり、笑った顔や寝顔を見るだけでホッとするような…  本当にかけがえのない存在です。

時間を割かないといけないのもお金がかかって大変だなぁて思うことは多いけど、息子や娘と同じでそれが大切な命を預かっている私の責任なんだなって最近思います。というよりそれが楽しい時間や愛おしい気持ちを私にくれた子供たちやシロに対する恩返しなのかもしれませんね。

子供たちはこれからますます私の手を離れて巣立っていきますが、シロはだんだんと老化してきて先の事を想像すると怖くて悲しくなってしまうけれど、良くなることを諦めないで一喜一憂しながら日々一緒に過ごしていけたらいいなぁと思います。長生きしてね、シロくん。

 

 

感謝の気持ち

すっかり秋らしくなりましたね。朝晩は冷えてきましたが、風邪ひかれてないですか?

先日は娘のテニスの試合がありました。今回は秋季大会団体戦です。

土曜日の府大会出場権をかけた試合では私は見に行けなかったのですが、外部コーチの先生が見ていてしんどくなった試合とおっしゃってたように、点を取っては取られてとても苦戦したようですが勝つことが出来て、娘も含む団体戦メンバー6人で抱き合って号泣したそうです。持ち越しになった準決勝戦以降は翌日になったので見に行ってきましたが、結果市内で3位となり、今週末に行われる府大会に出れることになりました。

正直ここまでこれるとはみんな思ってませんでした。優勝、準決勝したチームをみても、ジュニアといって小学校からスクールに通って鍛えてきた子ばかりですので、見た目からして勝てる気はしない感じで、本当に運が良かったとしか思えないところもあるのですが、顧問の先生や外部コーチの方は毎週末朝早い時間から練習をみてくださり、中学になってからラケットを持った娘たちに一から熱心に指導してくださりました。本当に感謝するばかりです。

次の府大会ではコテンパに負けてくるでしょうけれど、こうしていい仲間に恵まれ、一緒に悔し涙や嬉し涙を流せることは本当に幸せなことだなぁと思います。負けて悔しいと思うことも大事なことだし、勝っても自分1人の力ではなく、先生方や仲間のお陰だという気持ちを常にもっていて欲しいですね。

そんなこんなで、今日は珍しく午前午後共仕事もなかったのでお墓参りに行って、勝たせていただいたお礼と次の試合の必勝祈願してきました。

出来れば次も勝って欲しいけれど、当日自分の持っている力を出しきれるよう、またまた運が味方してくれるようお願いしてきました。日頃の努力が実ればいいなぁと思います。

 

また、先日11月6日はいつもお世話になっていて私の憧れの方の古希のお誕生日でした。こんな風に歳を重ねたいと思うお手本的な大切な存在です。

私には感謝するべき方がたくさんいてくださって、本当にありがたいことです。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

余裕

久しぶりの更新になりました。

iPhoneを新しいものに機種変更してから文字は普通に書けるのだけど写真とリンクできなくてシロの写真がアップできなくなってしまいました。設定をあれこれ見直してみたけど原因がわからないまま、まぁいいかぁ…みたいな(笑)インスタその他は前のiPhoneそのままの設定で移行できたのですが…  どなたかわかる方がいらっしゃったら教えてください!

 

そんなこんなでもう11月ですよ〜。早いですね。ついこの前まで暑い暑いと言ってた気がしますが。

私はあまり変わりばえのしない普通の毎日を送っています。良く言えば今が一番余裕をもって生活出来ているような気がします。あっ、経済的にはいつも余裕なんてないですけど(笑)

私くらいの年代になると、子供の教育費がすっごくかかるので仕事を増やすことになって、無理して身体壊したり、親の介護で心身ともに疲れ果てている人、すっごく多いです。無理せざるを得ないので体調崩したまま我慢して皆さん仕事に家事に子育て、介護全て頑張ってます。

私はといえば去年からやり始めた小学校での仕事は新たに一年生がたくさん来てくれるので、毎回ひっちゃかめっちゃかになってますが、子供達は可愛くて本当にいい仕事をもらったなぁって思うし、実家の和菓子屋は今までが忙し過ぎたので、3年ほど前両親が高齢になってきたのを機に仕事量を減らしてからは比較的余裕がある状態で落ち着いているし、子供たちも大きくなり、子育てといった感じは卒業することが出来たかな。私の両親はあちこち不調はあるけれど、歳の割には元気にまだ現役で仕事してくれています。私自身体調も悪いところがなくてすべて順調に進んでいて本当にありがたいことだと思っています。

子供のころから実家の仕事が忙しく、小学生の頃から家事をするようになり、中学生からは学校終わったら部活も出来ず仕事があって、勉強もよく夜中にやっていたし、自分で言うのもなんですが本当によく仕事に、勉強に全力で頑張れたなぁと。若かったので無理できたのですね。でもね、私の数倍母は大変で苦労してきたなぁと今改めて思います。遊びに行くこともなく、朝から夜遅くまで力仕事で毎日くたくたになっていたけれど、私たち子供に愚痴も言わずイライラあたることもなく、やらないといけない学校のこともすべて仕事が終わった夜中にやってくれていました。本当に優しくてすごい人だなと思うし、感謝しかないですね。母がそんな性格だったから家族みんなが助け合って忙しい仕事も乗り切れたのだと思います。

自分に余裕がないとついイライラしてしまって人にあたったりして、1人そんな人がいると周りの人達もなんとなくイライラムードになってしまいます。機嫌が悪いのは伝染するし、ある意味公害ですよね(笑)

幸い今は時間も健康も余裕がある時なので、シロと一緒にいる時間も作れてこうしてブログを書く時間もあって、家族の健康を考えながらゆっくりご飯を作ることもできています。ようやく余裕のある時間をもらえているので、今はなるべく周りのみんなが機嫌よく過ごせるように心を配る時間にしようと思います。今まで忙しかったのでのんびりしているとかえって何かしなければと焦ってしまうけれど、誰にでも頑張らないといけない時期ってありますから、次の頑張り時に備えて今は自分が機嫌よく過ごせるように気持ちを整える時期なのかもしれませんね。

 

 

次こそは

今日は娘のテニス部の個人戦大会日なので、ちょこっと見に行ってきました。

今まで娘なりに頑張ってきて、先日の団体戦ブロック予選では3試合全てストレート勝ちをして先生からも府の大会にも出場出来るであろうと言われていたのに、まさかの全市大会個人戦最終予選での敗退。市の大会にも出ることが出来ませんでした。去年の同じ大会では準優勝だったので、私も唖然としてしまったし、本人はかなりショックなようで試合後泣いていました。見るのが辛くてその後すぐに私は家に帰りましたが。

去年の決勝戦で負けた時も、劣勢になるとカチンコチンになって上手くいかないのかなぁって思いながら見ていましたが、今年もそんな感じで気持ちで負けてしまっていたような気がします。今まで女の子なのにこんなに真っ黒になって可哀想だなぁって思うくらい一生懸命頑張ってきましたが、他校の子もそれ以上に頑張ってきたのでしょう。みんな真っ黒だったし(笑)。それを本人が一番わかっているのであえて何も言わないけれど、きっとひどく落ち込んで帰ってくることと思います。

私に出来ることは娘の好物のあたたかいご飯を作って待つことしかできないですが、シロくんの笑顔に慰めてもらいましょう。

f:id:shirokun0806:20171008150048j:image

次は府の大会出場をかけた団体戦があります。このまま自信をなくして実力を出せずに終わるのか、こんな気持ちは2度とごめんだと立ち上がるのか、どうなることやら本人に任せます。負けてしまった事実は覆せないので、今日のことを糧にして心身ともに強くなってくれることを陰ながら願うばかりです。